FC2ブログ

【フェリーあい】


12月13日 朝。


12月15日(日)から就航する新造船【フェリーあい】(総トン数:2,825トン)に会って来ました。


ここは和歌山港の万トンバース。

IMGP7084.jpg

運行が始まると泊まることのない埠頭に停泊してるんだなぁ…。 

と思ったので慌てて撮ってきました。




【フェリーあい】 は いろんな愛に包まれています。

IMGP7086.jpg


徳島のカラー「藍色・ジャパンブルー」をイメージしているそうですが

少しだけ新幹線をイメージしてしまいました。


IMGP7093.jpg


フェリーに乗る時は、いつも車で乗り込むので

船体をこんなに身近に感じることは無かった気がします。


IMGP7141.jpg



IMG_9075.jpg



IMG_9076.jpg



IMG_9077.jpg



IMG_9095.jpg



IMGP7109.jpg



IMG_9094.jpg



IMGP7125.jpg





スポンサーサイト



新和歌浦 さんぽ。

和歌山港で船見の後、時々寄ってみるのが新和歌浦。

IMGP4627.jpg
砂浜から続く遊歩道を歩いて行くと正面のホテル【萬波】(まんぱ)に至ります。

最近、このホテル辺りの古い絵葉書を手に入れましたので現在と過去の違いを探しに散歩してみました。
IMG_20181219_0001.jpg
昭和何年頃か分かりませんが、軍艦がいっぱい~。 よーく見ると艦番号が大きく書かれている
ので船の名前も分かるかもっ!
Cut2019_0908_2059_06.jpg
【30 25】 【30 23】 。。。舷側にカタカナで船名が書かれている写真は山ほど見ますが数字ばかりでグループ化しているのは初めて見ました。 

この絵と似た所から撮った現在は…。
萬波1
さすがに木造の旅館はありません。
ここは、船の骨休めの場所でしょうか?  貨物船などの船溜まりみたいです。

ダイヤモンド・プリンセス

 8月17日、なんとか見ることが出来ました。(和歌山 初入港)。

当初、8月16日寄港予定でしたが台風の影響で一日ずれたらしい。

 ただ、16日ならゆっくり見学できる予定だったのに17日になったので 
日のあるうちに見られるかどうか必死でした。 (とりあえず、日が影って来ていたので順光の場所を探して…。)

a1.jpg

デカイ~~~~!!!

Cut2019_0820_0113_44.jpg
乗客定員 2,706人  乗組員 1,100人



 やっぱり お顔を見たい。。。。。。移動…。

       途中、お尻も気になったので…。  (あかん、お日様が~~~。)
a2.jpg

急いで対岸に到着!

正面。。。。なかなかの別嬪さんですが。。。遠い…。
 a3.jpg

もう お日様もお隠れになったので、近づいてみます。

少しずつ灯りが点されて 美しさが増していきます。

a4.jpg
普段、立ち入り禁止のコンテナ埠頭も開放されて。。。賑やかです。

a5.jpg


舳先のエンブレムは 首がちぎれるほど のけ反らなければいけません。。。でっ、でかすぎる~~~。
a7.jpg


船橋。。。宇宙船みたいに飛び出しそう…。
a8.jpg


a9.jpg


後部ファンネルは ウルトラマンを思い起こさせるデザイン…。
(円谷世代なので。。。古い?)
a13.jpg


まぁ~~~、ぴっかぴかのキラキラで美しかったなぁ。
a14.jpg


こんな豪華客船が入港する日が来るとは。。。また来てくださいね。
a15.jpg


 そういえば、当初のスケジュールでは17日は熊野の花火を船上で。。。ということでしたが
8月11日に早々と台風の影響で8月26日に延期が決まってしまいましたよね。。。
 パンフレットでは日本の祭りということで 花火が売りだったはずですが
お気の毒様でしたね。
Cut2019_0820_2226_26.jpg



本来は この花火をご覧になって頂いていたはず。。。
(プリンセスクルーズパンフレットより。)

Cut2019_0820_2229_10.jpg


くれぐれも懲りずに またお越しください。

【測量船 海洋】 船内見学会。

8月9日 久しぶりに【友の会】のイベントに参加しました。

イベントの通知内容は。。。

~海上保安庁所属測量船 「海洋」 船内見学のご案内~

 海上保安庁は、これまで、プレート境界域である日本海溝や南海トラフ沿いの大陸
プレート上に海底局を設置して、大陸プレートの動きを探る海底地殻変動観測を行い
巨大地震の発生メカニズムの解明と地震防災に貢献してきました。
 南海トラフにおいては、巨大地震の発生が切迫している可能性が指摘されており、
海上保安庁はこれまで測量船を運用して海底地殻変動観測を継続して実施すること
でプレートの動きを捉えてきました。今回の測量船 「海洋」 の船内見学では、海底
地殻変動観測に使用する観測機器等を公開します。

というわけで和歌山港へ。。。ちょっと遅刻、見学会は始まっていました…。

 まず観測室では、深海での水圧によって変形するマグカップの説明。
水深2,000mでは、保温性のある二重構造のものは全て五角形になるそうです。

IMGP6255.jpg

 テーブルには、相模湾~土佐湾の3D海底地形図が広げられていて、3Dメガネで見ると
海溝や海底棚をリアルに感じることが出来ました。(漁師さんの頭の中身ってこんな感じかな…。)

IMGP6256.jpg



【測量船 「海洋」 の概要】

総トン数:550トン
主要寸法:長さ 60.0m、 幅 10.5m

主要観測機器
・マルチビーム測深機
・超音波流速計
・投下式水深水温計
・海底地殻変動観測装置


今回のメイン見学機器の説明は海底地殻変動観測装置でした。

(見学案内のしおりより引用。)



 こちらの説明に出てくる 「 海底局 」という実物は後ほど船尾の方で見せて頂けるということで
船橋へ上ります。。。


久しぶりの船橋。。。好いですね~。

IMGP6257.jpg

天気も良好!
IMGP6270.jpg

 今回、一番のお気に入りはココ! 
操船機器が図解で分かりやすく説明されていました。 
 以前、巡視船「 せっつ 」が真横に離岸した時の不思議に思ったことが完全に理解できました。

IMGP6263.jpg

IMGP6261.jpg


IMGP6261 - コピー
特に可変ピッチプロペラは凄いです。
普通は、プロペラの回転方向を変えて前進、後進となりますが、
これは回転方向が同じでもプロペラの角度で前進、停止、後進が出来るそうですからびっくりです。

IMGP6262.jpg

船橋は相変わらず賑やかな説明会となりました。
IMGP6269.jpg

さてさて、船尾の方へ降りて「 海底局 」の説明を受けます。

IMGP6277.jpg

内容は、翌日の【読売新聞 和歌山版】にお任せしてしまいます。

IMG_20190810_0001.jpg

「 海底局 」 の投入方法は。。。
IMGP6322.jpg
こんな感じ???
Cut2019_0812_2231_22.jpg

観測内容のパンフレットはこちら。
海底地殻変動観測




さてさて、そろそろ下船して 【 海洋 】 の全体を眺めます。

IMGP6331.jpg

IMGP6303.jpg

IMGP6306.jpg

IMGP6312.jpg

IMGP6327.jpg

IMGP6348.jpg

IMGP6358.jpg

【 海洋 】は【 しれとこ型 】の巡視船同様、大きな無線のタワーもあって
大好きな船型の一つです。
 全長 60m 、これも大好きな貨物船の499tシリーズに近いので好い感じです。

 最近は、船体が大型になってスッキリしていますが
障害物が多い甲板の中型船の良さを改めて感じることが出来ました。

光辰丸

5月26日 和歌山港にて。


光辰丸1


久しぶりに、しっかり喫水まで足が入った係留中の船に会いました。


光辰丸2


光辰丸4

光辰丸(こうしんまる)。。。船籍港 岡山。



光辰丸5

。。。元は うっすら東京。。。



光辰丸6


光辰丸7


光辰丸10


光辰丸8

船舶番号 136599

船  名 光辰丸

総トン数 380トン

進水年月 平成10年6月

船 籍 港 岡山市

建 造 所 興亜産業株式会社



。。。興亜産業さんの船は見覚えがあるような。。。

そうそう和歌山市の【弘輝丸】さんも同じ建造所でしたね。

https://yukkioni.blog.fc2.com/blog-entry-931.html





光辰丸11


光辰丸9


光辰丸13




手前の巡視船【きい】の係留地には鯵や鰯をねらって釣り人が奮闘中。


こちらは、鰯のサビキ釣りにチヌがかかってワイワイ。

でも、目的は鰯。 チヌは外道なので要らないらしい。

光辰丸14


っで、隣で鯵を釣ってたお父さんに譲渡~。 45センチほどの大物でしたよ。

光辰丸15

巡視船が出港した直後の波止は、魚が良く釣れるそうですよ。(常連のお父さん談。)


プロフィール

ゆっきおーに

Author:ゆっきおーに
ヤフーからの引越しです。
しばらくモタモタしますが宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR